実際の訴訟から給付


書類B型肝炎の給付金は、国に対して裁判を起こさなければいけません。訴訟になっていきますが、医療記録をはじめとする必要書類を揃え、証拠として提出することになります。これは、集団予防接種が原因であったことを証明するためであり、必要な書類はさまざまなものに至ります。弁護士に依頼している場合には、すべて教えてくれるため、あまり心配しないいいでしょう。実際に自分で集めることを考えると、相当な手間と時間をかけなければいけません。この書類を持って、国家賠償請求訴訟を提訴します。その後和解調停になり、支払基金に対する請求をして、初めて支払いを受けられるようになるのですから、かなりの時間が必要になるでしょう。訴訟に対して素人の人が進めるのは、あまりに難しい流れが待っています。

国を被告として訴訟をするわけですが、要件を満たしていなければいけません。必要な証拠を突きつけるわけですが、裁判所はその仲介をする立場になります。和解協議をすることになりますが、追加で証拠を要求されることもあり、必要な証拠を見つけ出して提出することになるでしょう。こうして救済要件を満たしているかどうかを確認していくのですから、弁護士の存在が重要になってくるでしょう。

二次感染者でも