弁護士へ相談

注射非常に大きな問題ともなったのが、B型肝炎です。日本で多くの感染者を出してしまった集団予防接種がありました。原因は安全性を甘く見ていたことにありますが、この問題に関して国が責任を認めています。集団予防接種を進めていたことに要因がありますが、実際に多くの子供達が受けてしまいました。安全性を低く見積もっていたことから、注射器を使いまわすという事態が日常化しており、B型肝炎の感染者を激増するに至ったのです。現在では、安全性も見なおされるようになり、このようなことはなくなったことで感染者は激減していますが、集団予防接種で感染された方が減ったわけではありません。

B型肝炎に感染してしまった方は、現在でもキャリアとして存在しています。それもたくさんの方が存在しており、100万人以上とも言われているのが現状です。さらに、母子感染という問題も引き起こしてしまいました。垂直感染とも言われますが、母子感染する病気のため、感染者は爆発的な増加を見えていくのです。継続化しやすい性格を持っているのが二次感染であり、大人になってから強い症状が出るといったことも問題でしょう。

B型肝炎ウイルスの被害は、国の責任であり、被害者による集団訴訟がおこなわれた結果、現在では給付金を支給に至っています。法律も制定されているため、要件を満たせば受け取れるようになっています。しかし、訴訟を起こすことが前提になっているところが大きな問題ですので、まずは弁護士へ相談することを考えるべきでしょう。

実際の訴訟から給付